1. "ラッキー・バスタード。
     とは言いたくないが、周期的にモリッシーにはこういう時期がくる。彼自身が言っていることは30年間まったく変わってないのに、英国の歴史のほうで彼を痛切に必要とする時期があるのだ。"
     
  2. mtsomnoooooo:

    THE HOTTEST ART MARKET!!! 8月2日(土)-8月3日(日) ▼12:00 - 18:00

    http://gallerycommune.blogspot.jp/2014/06/aug-2-sat-aug-3-sun-commune-presents.html?spref=tw

     
  3. asylum-art:

    Kendal Murray: Plant Sculptures

    (via isotope)

     
  4.  
  5.  
  6. artwewanttoshare:

    Hamada Hideaki - it’s a musical 

    (via isotope)

     
  7. (Source: headcruise, via isotope)

     
  8. ph. Mia Dabrowski

    (Source: moldavia, via isotope)

     
  9. seinensunday:

    Undercurrent by TOYODA Tetsuya

    (via isotope)

     
  10. chaotichourglass:

    Disaster n342

    XN

    (via isotope)

     
  11. (Source: hellacatz, via isotope)

     
  12. houseofbourbon:

    "The New Vision," featuring Iris Strubegger, photographed by Mert & Marcus for Vogue Italia (October 2008).

    (via isotope)

     

  13. "

    漫画家の漫画が当たるでしょ。僕のせんせがそうだった。

    馬鹿当たりして、家まで買う事になる。
    人気爆発の先生だと、編集者が家まで探して、ローン組むの。
    家買わせると、ロ-ン払わなくちゃいけなくて、言う事を
    より、聞くようになるから、都合がいいんだ。
    サルまんにも同じような話があったけど。

    でも、漫画家が、編集者より良い生活をしだすと、
    やっぱり人間だから面白くないんですね。
    中卒に、一流大学出が、生活水準で負けると面白くない。
    こんどは、「なんかヘマやったら、野郎、面白いめにあわせてやる」とか
    考え始めるんじゃないですか。

    人気作が終了し、次回作に失敗すると、
    「できるだけ悲惨な放り出し方をしてやる」とか思うみたい。

    どうするかというと、簡単な話で、
    甘い言葉で「次回作に期待してます。新しい作品、出来たら持ってきてください」
    と言う。で、何を書いても、没にする。

    「ウチじゃ、もう駄目だから、よそにいけ」なんて、絶対言わないですよ。
    タチの悪いのは。
    それらしい事言って「次に期待してます」の連打をする。何度も何度も。
    「よそにいけ」なんつうと、まだ成功作のネームバリューで
    漫画家に商品価値があるから、その時点で他所に取られると損するの。

    だから、「いい感じですが、もうひとつ」の繰り返しで、
    馬鹿な漫画家に期待させつつ、駄目だしを永遠に繰り返す。
    漫画家はローンかかえて、ますます必死。駄目駄目駄目・・・・。

    そのうち、必ず、その漫画家はぶち壊れます。

    何描いたらいいのか、わかんなくなる。
    そうしたら、放り出す。
    担当も異動。ある日突然。

    「もう、僕、ファッション誌だから」

    漫画家は完全に壊れます。精神も家庭も、肉体的にも。
    仕事場は、とっくに解散されてますが。

    編集部は
    「まあ、時代と合わなくなったからしょうがないよな」で終了なんでしょう。

    そういうことを散々やって、笑い話のように話してた編集を
    知ってます。

    漫画家にも、編集者にもドロドロの怨念があるんですよ。
    世間知らずの中卒、高卒と、
    一流大学出たインテリの、埋められない溝も深いし。

    「漫画家なんて、檻のなかの羊。おれたちは羊飼い。
    家畜なんだよ、お前は。わかってんの?」
    な~んて、あかるく話す正社員もいますから。

    「漫画が好きで、漫画家目指してきて、ここまできて、そんなこと言われるなんて。
    ちょっと言い過ぎでしょう!」
    「そんなの芸能界と同じだろ。何処が悪い。当然じゃねえか。
    ガタガタ言わずに当ててみな。」

    そういう世界ですね。
    理屈とか、あんまり通じない。

    普通のビジネスの世界も、こんな感じなんでしょうか。
    会社員やったことないから、よくわかんないです。
    個人事業主とか、取引先とか・・・。
    そんな世界じゃ、全然ないですよ。僕が馬鹿なだけかも。

    "
     

  14. "まず『家の家電を褒める』っていうことですよね。基本的に。どんだけ現代と遅れていないっていうことがやっぱり母親の勲章だと思いますんで。『この湯沸かしポットすごい!』とか、まず家電を褒めていって。徐々にお母さんの服装とかを褒めていって。1回、女の人に戻ってもらうことですよね。"
     
  15. (via homest)